だるまちゃんのらくがき帳~絵本で涼を感じよう!の巻~


毎日本当に溶けそうなくらい暑いですが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか?
暑いくらいで文句を言ってはいけない、もっと大変な思いをされている西日本豪雨で被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
しかし埼玉や群馬も、毎年最高気温をたたき出している地域です。熱中症にはくれぐれもお気をつけて、この夏は図書館や本屋さんで涼みながら親子で絵本探しなどをされてはどうでしょうか?
最近の大きめな書店の絵本コーナーは、イスや遊具もあったりで、ちょっとくつろげる素敵なスペースですよね♪
図書館も児童書コーナーに力を入れているところも多く、お子さん連れでもとても行きやすくなっていると思います。

さて、今回のテーマですが、いくつも思いつくものの頭の中が熱くなりすぎて、ちっとも内容がまとまりません。
結局自分の中の振り出しに戻って、月並みですが「涼しくなりそうなお話」にしてみました。

 

 

楽しく実験?料理?もできる絵本です♪

まず真っ先におススメしたいのが、夏休みだし、是非お子さんと一緒に実際に絵本のようなことをしてほしいと思うコレ♪

「ばばばあちゃんの アイス・パーティ」
さとうわきこ・作   佐々木志乃・協力
福音館書店

ご存知の方も多いばばばあちゃんは、いろんなアイデアを持っていて、子どもたちと一緒に何かを作るのも得意なんですよね。シリーズたくさんありますが、誰でも簡単にまねできるアイス・パーティなら、楽しくおいしく涼しさ体験できるの間違いなし!です。

 

 

期間限定で読んでます♪

私が夏になるとよく読む絵本です。


「ぺんぎんのたまごにいちゃん」
あきやまただし/作・絵
すずき出版

人気シリーズ「たまごにいちゃん」のペンギン版。
たまごの殻からなかなか抜け出せないストーリーは同じですが、ペンギンだけに周りは氷の山。見ていてなんだか涼しい気分になれますよ。


「ばけばけばけばけばけたくん おまつりの巻」
ぶん・え 岩田明子
大日本図書

食べたものに化けちゃうくいしんぼうおばけのばけたくん。こちらもシリーズ何冊か出てますが、このおまつりの巻はチョコバナナはじめ屋台の食べ物が色々出て来て夏祭りを感じ、かき氷やラムネに化ける姿はなんだかひんやりさせてくれます。

 

 

ひんやりといえば、アイスクリームのお話♪

アイスクリームの新旧絵本。
まずは1968年に「こどものとも」として発行され、今も繰り返し「ものがたりえほん」として配本メンバー入りして、ハードカバータイプも販売されているロングセラー絵本。


「ゆうちゃんのみきさーしゃ」
村上祐子 さく   片山健 え
福音館書店

ミキサー車の中でアイスクリームが出来るという、夢のようなお話♪

最近の絵本としてはこちら。


「ノラネコぐんだん アイスのくに」
工藤ノリコ
白泉社

人気のノラネコぐんだんがアイスのくにで暴れます、いや活躍します。
こちらも氷の国。絵柄はひんやり、涼ませてくれます。

 

 

冬の絵本を夏読むのもおススメ♪

季節にあった絵本を読みましょう!と研修会等で教わりますが、私は暑い時こそ涼しいお話。寒い時こそ温かいお話。アリだと思います。


「だいおういかのいかたろう」
ザ・キャビンカンパニー/作・絵
すずき出版


「しっぽのつり」
日本むかしばなし   文絵 いもとようこ
金の星社

だいおういかが!
きつねのしっぽが!!
厚い氷に閉ざされます!!!
思わずひんやりな絵本です。

他にもお気に入りがあるのですが、出版社で現在販売を確認できないものは控えました。
なので今回あげたものはみんな手に入ります(*^_^*)
まだまだ猛暑が続きそうな今年の夏。
みなさんも涼しい本屋さんや図書館で、お気に入りのひんやり絵本を見つけて下さいね\(^o^)/

 

 

投稿者プロフィール


だるまちゃん

普段は園、小・中学校、特別支援学校、図書館ほか公共施設で読み聞かせしています。
2015年、ハンドメイドやセラピーなどの出店者さんが集うイベントに他のブース同様タープを建てて絵本をたくさん持って参加。
出店者さんやお客様のお子さんを対象に読み聞かせをすることに楽しさを感じ、2016年からは屋号を「だるま文庫」に設定。
読み聞かせと共に用意した絵本を自由に読んでもらえる移動文庫のブース作りをしています。

FB
https://www.facebook.com/だるま文庫-196066344075610/

 

毎日の中でキラリと輝くためのエッセンス
キラリズムby HighFiveMom

コラム更新中 こちらをクリック