だるまちゃんの絵本らくがき帳♪~しかけ絵本は楽しいな♥の巻~

ちょっと奥さん、大変ですよ!
こんなコラム読んでる場合じゃないですよ!!!
今すぐこちら↓をポチってね♪♪♪

 

なんて言ったら怪しまれますね。
なんと、このコラムを掲載していただいてる情報サイト内で新しいお楽しみ企画がスタート!
High Five MomのLINE@に友だち登録すると、毎月抽選で2名の方に、私がコラム内で紹介した絵本がプレゼントされるんですってよ~!!!
是非みなさん、登録してみてくださいね☆彡
私までワクワクしちゃってますよ~(*^_^*)

 

というわけで、今まで4回ほど書かせていただいたこのらくがき帳。嬉しい企画提案に自分も気持ちを引き締めて、この先も書かせていただきます♪

で、今回紹介しようと思うのは、“しかけ絵本”です。
イベント出店の最初の頃は、時間を決めて集まった子どもたちに読み聞かせをする・・・という形を取っていたのですが、時間なんて決めたところで子どもたちの滞在時間は連れて来てくれた大人次第。それに読んでもらうのではなくて「自分で読みたい!」はたまた「おばちゃんじゃなくてママに、パパに読んでもらいたい!!」という子も多くて、出店形態も「読み聞かせ」から「移動文庫と読み聞かせ」に変更。
結果、来てくれるお子さんも激増し、ママがイベント巡りする間パパとお子さんで留守番がてらのご利用などという形も増えました(^-^)

そこで、まだ自分で字を読めないちびっこや、絵本なんてフン!って感じの大きめ男の子対策にしかけ絵本を導入したところ、想像以上に大ヒット!!!
絵本も読み聞かせも好きではないというような子でも楽しんでもらえるので、どんどん蔵書が増えています。
でも、新品を買うとしかけ絵本は高い(涙)しかも破損率も高い(涙涙)なのでほとんどが古本屋ゲットなので、多少中身が切れてたり無い部品があったり・・・でも子どもたちはそんな絵本でも楽しんでくれてます。
古本ゆえに現在は手に入らないものも多いのですが、ここでは今でも購入できるものをアップしますね♪

 

 

大人もびっくり!大人気のアイデア絵本


「スウィング!」「ギャロップ!!」「ワドル!」
さくルーファス・バトラー・セダー   やく たに ゆき
大日本絵画

ページをパタパタさせると絵が動きます。子どもはもちろん、大人がすごくハマってくれます。私が持ってるワドルは洋書なんですが、もちろん日本語版も販売されてます。そして他の2冊はモノクロだけど、ワドルはカラーなので子どもたちの一番人気です♪

かがみのえほん
「きょうのおやつは」
「ふしぎなにじ」

わたなべちなつ さく
福音館書店

絵本を直角に開くと、片側に描かれた絵が反対ページの鏡に写りこんで、立体的に見える不思議絵本。
こちらも大人にも人気ですが、のぞきこんで「わぁ~♪」と笑顔になる子どもたちが可愛いんですよ。

 

 

おめん本2種類(*^^)v

なりきりえほん
「おめん」「びっくりおめん」
作/わだことみ   絵/さかもとみつや
ポプラ社

見開いて両脇を持って顔に当てると、誰でもパンダやおサルやすいかや、いろんなものに変身できちゃいます♪
1作目の笑顔の動物たちに比べ、「びっくり」のほうは動物たちの顔が表情豊かになってます。
変身した顔を写真に撮って見せてあげると、自分の顔に大興奮の子どもたちです!

「おめんです」「おめんです2」
いしかわこうじ
偕成社

こちらも自分の顔にあてがおうと思えばできなくもないのですが、おめんをかぶってるのは誰だ?と当てっこする絵本です。
みんな大きな声で答えを言ってくれるので、すごく盛り上がる絵本ですよ。

 

 

しかけ絵本と言えばこの人!!!

きむらゆういち先生といえばしかけ絵本、というくらい、たくさんのしかけ絵本を作られています。お名前知らなくても、絵本を見れば「あぁ!!!」と口に出ちゃうほど。

あかちゃんのあそびえほん
「ぎゅうって だいすき」「いただきます あそび」「いいこでねんね できるかな」「おきがえ あそび」「ごあいさつ あそび」
きむらゆういち
偕成社

ご存知、ことりのピィ、ねこのミケ、こいぬのコロ、かいじゅうさん、ゆうちゃんがいろんなことを体験しますよ。
写真以外にもたくさんのシリーズがありますよね♪持ち運びしやすいように小さめなハード本もあります。

きむらゆういちのパッチン絵本
「だーれだだれだ!」「だ~れのおうち?」「おいしいな!」
作・きむらゆういち
小学館

たくさんあるシリーズの中で、絵はいろんな方が描いています。
二つに割れてるページを開くと、中から違う場面が出てくるしかけ。紙がかなりの厚紙なので、閉めるとパッチン♪といい音がするのです。

 

 

葉っぱをめくるワクワク感がたまりません

「くだものさん」「やさいさん」
さく tupera tupera
学習研究社

この作家さんたち(夫婦お二人)もしかけ絵本をたくさん作ってますが、なぜこれを選んだかというと・・・あるイベントでお子さんとこの絵本を読んでたパパさんが、あまりにすんなり答えを言ってるので聞いてみたら、簡素化された絵(貼り絵)ではあるけど、葉っぱがちゃんと本物と適合しているので、家庭菜園やってる自分にはわかる、のだそうで。
なんだか作家さんの心意気のようなものを感じてしまいました。
子どもたちも本気になって答えを言ってくれる、楽しい絵本です。

まだまだおもしろいしかけ絵本はたくさんあるので、もっともっと紹介したいのですが、キリが無くなるので今回はこのへんで。
どんな絵本をお子さんに用意したらいいのか迷うようでしたら、しかけ絵本から始めればお子さんも抵抗なく本に親しめると思います。

そ・し・て・・・
だるま文庫の次回の出店先は、7月1日(日)ウニクス上里さんで行われる
「WELCOME KIDS!」
です♪
今までコラムで紹介した絵本も展示させていただきますし、今回紹介した本以外にもたっくさんのしかけ絵本を持って行きますので、ご興味のある方は是非遊びに来てくださいね~\(^o^)/

そしてそして、冒頭にも書かせていただいた絵本プレゼント、ゲットするためにもHigh Five MomのLINE@にお友だち登録してみてくださいね~!!!

 

 

投稿者プロフィール


だるまちゃん

普段は園、小・中学校、特別支援学校、図書館ほか公共施設で読み聞かせしています。
2015年、ハンドメイドやセラピーなどの出店者さんが集うイベントに他のブース同様タープを建てて絵本をたくさん持って参加。
出店者さんやお客様のお子さんを対象に読み聞かせをすることに楽しさを感じ、2016年からは屋号を「だるま文庫」に設定。
読み聞かせと共に用意した絵本を自由に読んでもらえる移動文庫のブース作りをしています。

FB
https://www.facebook.com/だるま文庫-196066344075610/

 

毎日の中でキラリと輝くためのエッセンス
キラリズムby HighFiveMom

コラム更新中 こちらをクリック