何個もつのが、正解?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

High Five Momサイトをご覧の皆様、こんにちは☆

暮らしやすく こまともこです。

片付けと聞くと、「捨てる」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

今日は、「捨てる」から始めない、モノの持ち方の考え方をお伝えします。

 

お鍋、何個持っていますか?

我が家のお鍋は、↓5個です。
フライパン
 フライパン大・小1つずつ、片手鍋・両手鍋・圧力鍋1つずつ。
6人家族で毎日料理を作りますが、全く不便ないですし、増やすつもりもありません。
 

キッチンの整理収納作業に行くお宅では、たくさんの鍋やフライパンが重なり合っていることがよくあります。
話を伺うと、普段使うのは、いつも同じ1つか2つ。
その他は、持っているだけのようです。
 

使わないモノを、今使っているモノと一緒に「使いやすい場所」に置いておくと、本当に使いたいものが、使いにくくなってしまいます。
重ねないと入らないし、両手を使わないと、取り出せないからです。
 

たくさん持っていちゃダメなの?

モノは、最小限にしなくちゃならないわけではありません。

誰もがみんな、ミニマリストになれるわけじゃない。

しまい場所とのバランスで、さっと取り出せるスペースの余裕があるなら、また、持っているそのモノをちゃんと使うなら、その人が使いこなせる量を持てば良いのです。
でも、使いたい時にストレスなく取り出せることができないのなら、持つモノの量を見直すことを、おすすめします。

 

「全部使っている」

「使っているものだけにしてください」とお願いすると、「全部使っています」との答え。
嘘をついているわけじゃない。ごくごくたま~に、使うそうなのです。
ですが、モノと場所とのバランスから、その場を使いやすくするためには、モノを減らさなければならないこともあります。

そんな時、「他のモノで代用できないか」と考えてみてください。

パスタ鍋は、たまにパスタを茹でるときにしか使わないから、フライパンで代用しよう。とか。
我が家の揚げ物頻度は少ないから、天ぷら鍋ではなくて小さなフライパンで代用しよう。とか。
そのモノが無くても、事足りると思いませんか?

 

捨てたくない

使わないけれど捨てたくないものは、「分ける」
「今使わないものや、たまにしか使わないものは、別にする」ということです。
収納棚下段や上段など、少し使いにくい場所に移動します。
そうすると、モノの数が減るので、「いつもよく使うモノをしまう場」が使いやすくなります。
13307304_1121210351287422_8543031809854723925_n

 

 

使わないものや、たまにしか使わないものは、まとめて別の場所に。
でも考えてみてください。使わないものやたまにしか使わないものが、生活のためにある、家というスペースの一部を占領していることを。
もったいないと思いませんか?家や空間が。

そこに気がついたなら、次の行動を決めるのは、あなた自身です。

投稿者プロフィール

こまともこ
こまともこ
子育てしながら毎日の家事、大変ですよね。
お掃除が楽しく簡単にできるコツや、家事がはかどり家族が笑顔になれる片付けのポイントをお伝えします。
毎日休みなく続く家事と仲良くお付き合いができると、ママと家族に笑顔が溢れます♡
【ブログ】 http://ameblo.jp/kurasiyasuku/
Share on FacebookTweet about this on Twitter