英語教育って必要?我が家の場合。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

英語教育ってどうなの??

 

日本でも英語教育の必要性が求められ、小学校でも英語の授業が始まりました。

 

息子の小学校では、1年生から月1回程の英語の授業があるようです。

 

5,6年生になると通信簿の成績にも入るとか?

 

「本当に英語教育って必要なのかな?」

「日本語もままならないうちから英語を始めるのってどうなの?」

 

様々な意見がある中でちょっと我が家の英語事情を話したいと思います~。

 

我が家では長男は3歳前から、次男は2歳から完全英語のプレスクールに通い始めました。

 

※長男の場合

現在は長男は週2回90分の授業と、家では基本TVは英語という状況です。

(CS放送でみることが出来ます)

 

もちろん、ぽ○もんや妖怪ウォ○チなども見ますし、英語のTVも強制ではありません。

 

パパの影響受けて、ドラ○ンボールやル○ンもみます(笑)

 

2か国語でやっているTVなら、本人たちが英語に変えて見ていることがほとんどです。

 

週2回のスクールも幼なじみたち&気の知れた先生なので、学ぶ場というよりみんなに会いに行く場となってます。

 

早期英語教育のいいところは、英語を違和感なく頭の引き出しに入れることが出来ることなのかなと思ってます。

 

 

DSC06023

↑長男、年長さんのとき

 

元々本が好きな長男。

 

洋書も自分から読みます。

 

難しい単語はスルーするときもあれば、聞かれるときも。

 

IMG_0453

↑長男が現在(小2)読んでいる洋書

 

 

では英語をぺらぺらにネイティブのように話せるかというと、NOです。(我家の場合)

 

プレスクールに通っているとぺらぺらに話せると思われがちですが^^;

 

日本に住んでいる以上、日々の生活は日本語です。

 

そしてなんといっても問題は、本人の性格!!

 

おしゃべりの次男に比べ、シャイな長男・・

 

次男はスクールでもずっと話しているそうです。

 

長男は今でも小学校後に通うスクールでは、よく話すそうですが基本的には日常では次男にように英語は話しません。

 

男の子はあまり話したがらない子が多いかと思いますが、まさに長男は典型的なタイプです。

 

ただ知り合いのネイティブの話では、長男も問題なく話すことが出来るということですので英語でコミュニケーションで困ることはないかと思います。

 

文法から日本語で組み立ててから英語考える私とは違い、既に英語の引き出しが脳にある息子は文法の間違いも怖がりません。

 

これって本当にうらやましい!

 

 

そんな長男、小学1年生のときに英検準2級に好成績で合格しました。

 

IMG_0452

 

英検に受かったから英語ができるというわけではないですが、彼のモチベーション維持には良かったと思います。

 

 

中学生になれば、文法から英語を学ぶます。

 

おそらくそこで初めて英語に触れるお友達の方が、テストの成績がいいこともあるでしょう。

 

英語とは全く関係ない職業につくかもしれないし、英語にそもそも興味がなくなるかもしません。

 

 

それも良し!

 

 

英語を学ぶこと= 特別なこと、ではなく、

 

英語を学ぶからこそ、日本語の重要性も感じてもらえるといいなと思います。

 

早期教育に関してはいろんな意見がありますよね。

 

どの意見もなるほど、と思うことが多いですし、何が正しいかってのは正直わかりませんよね。

 

その子によって合う、合わないもあるかと思います。

 

でもどの意見も子どものことを思ってのことばかり^^

 

いろんな意見、考えを見てみるのもひとつかもしれません。

 

投稿者プロフィール

原口典子
原口典子
High Five Monスタッフ のりこです^^
小学生、幼稚園の男の子2人、そして3月にはもう1人増えて3児のママに。
毎日バタバタした日々を送ってます~。
子育ての話、教育の話、ママのおしゃれ事情など真面目なお話から笑っちゃう話まで語ります!
【ブログ】 http://ameblo.jp/highfivemom/
Share on FacebookTweet about this on Twitter