SweetMarin 鈴木昭代さん|スキルや資格を活かして輝くママ vo.3

Share on FacebookTweet about this on Twitter

HighFiveMomの活動を通していろいろと関わってくださった参加者の方に、セミナーや講座を受講しての感想、ご自身の活動の今とこれからなど、様々なお話しをお伺いしました。

イベント参加をきっかけに、お客様から、講師へ転換。子育てママからプチ起業ママへ変貌を遂げ、今は「好きを仕事」に活動。鈴木さんのクッキーやお菓子は見るだけで幸せになるかわいいデザインも魅力です。

集客ゼロから、講座受講後コンスタントに申し込みが入るように

アイシングクッキーの講師資格を取り、2015年から自宅で教室を始めました。生徒様は友人、知人のみで、ブログでの集客はゼロ。どうやったら生徒様が来てくれるかと悩んでいた時に、HighFiveMomのブログ講座に参加しました。ブログに対する考えが変わる講座でした。ブログをもっと良く変えたいと思い、講座後ブログカスタマイズも個人的にお願いしました。

担当講師と1対1でブログの見せ方やどんな写真を載せるといいかなどを話し、時にはブログ以外の教室の悩みも話すことができました。ブログのカスタマイズが終わってから、すぐにブログからレッスンの申し込みが入りはじめ、2か月後にはコンスタントに申し込みが入るようになりました。

ブログに載せる写真や見せ方ひとつで、こんなにも集客がアップするなんて!講座を受講して一歩を踏み出したことが、本当によかったです。

自宅教室は盛況、公民館、企業からワークショップの依頼をいただくように

今は、アイシングクッキーとフラワーケーキ、あんフラワー・あんクラフトの教室を自宅で定期的に開いています。

季節の行事をテーマにした講座の時には、フラワーケーキとあんクラフトの両方を取り入れた作品のレッスンなど、教室オリジナルレッスンを取り入れています。おかけ様で、教室にはたくさんの方に通っていただき、自宅では毎月10日前後、定期的にレッスンを行っています。リピーターの方も増えてきました。

「あげおファミリーフェスタ」(2016年1月)などのイベントにも出展。公民館やUAゼンセン埼玉県支部様、パナソニックさいたま新都心リビングショウルーム様、東京ガス様などからワークショップのご依頼をいただくようにもなりました。

今の悩みは、作品作りの時間を作ること。うれしい悩みです。

作品写真の大切さを知る  仲間がいる安心感

私は、趣味の延長で教室を始めたので、最初自宅教室の知識が全くない状態でした。そこからHighFiveMomの講座などを受講して、教室の見せ方や教室主催者としての心構えを学びました。

アイシングクッキーなどの作品は、作品写真の印象がとても大事です。スマートフォンの写真講座の内容を、実践したところ、講座の申込率も上がりました。「作ってみたい」と思える作品写真を撮り、ブログなどにアップすることがとても大事だと体感しました。

ある時、HighFiveMomさんからのお声がけでメンバー向けにアイシングクッキーの体験レッスンを行いました。皆さん、自宅で教室を開いている先生達。作品のジャンルは違う方でも、自宅教室を開いている共通の悩みを持っていたり、私が思いつかないアイデアをお話ししてくれたりと、私も刺激を受けました。HighFiveMomの講座に参加するうちに、同じ自宅教室の仲間も増え、講座で会うたびに楽しい時間を過ごしています。

まわりの力を借りて、一歩踏み出そう

企業様のワークショップは、土日などお休みの日に開催することが多く、子どもを夫や母にお願いすることもあります。家族の応援あっての仕事だと強く感じています。家庭と仕事のバランスは、これからも大切にしていきたいと思います。

今後は、認定講師の養成講座にさらに力をいれて、講師になりたい方の背中を押す立場として、応援していきたいです。

自宅教室初心者の私は、みなさんの力をお借りして、たくさん背中を押していただいて、教室を続けてこられました。自宅で教室を始めたばかりの方は、集客できるかなど不安でいっぱいかもしれませんが、一人で悩まないで、まわりの力を借りて、一歩ふみだしてみませんか?きっとできますよ!

お話をお伺いした方はこちら

アイシングクッキー&フラワーケーキ&あんフラワー・あんクラフト教室
Sweet Marin
鈴木 昭代さん

投稿者プロフィール

市倉育江
市倉育江
HighFiveMom代表です。 日頃は二児のママとして子育てに励む傍ら、開業支援やイベント企画などを手掛けています。趣味やスキルを活かして活動する女性が自分らしく働け、育児を楽しめる社会づくりに取り組み中です。 【FB】 https://www.facebook.com/ikue.ichikura
Share on FacebookTweet about this on Twitter