収納場所、どうやって決めたらいいの?|ママのための、片付け力アップ講座~ラクして簡単きれいのコツ~

これまで4回の記事を更新してきました。暮らしに変化は表れていますか?

コラムを読み進めるにつれて、暮らしが整っていくように、片付け手順の通りに進めています。ぜひ最初から読みながら、順番に取り組んでみてくださいね。

さて、5回目の今回は、「収納」がテーマです。

 

 

「何のために、収納するの?」

収納の目的は、なんだと思いますか?
それは、見栄えを楽しむことでも、倉庫のようにモノを保管することでもありません。

収納の目的とは、「使うための準備」です。

「使うこと」が前提になっています。
だから、これまで、整理を行うことで、「使うモノだけ」にしてきたのです。

では、モノがどんな場所に準備されていたら、使いやすいと思いますか?

それはずばり、「使う場所のすぐそば」
これこそが、収納場所の決め方の基本です。

収納場所を考えるときには、「どこで使う?」と、それを使っているときのことを想像してみてください。

 

 

こどものおもちゃ、どこにしまう?

お子さんは、どこでおもちゃを使いますか?

「リビングで遊ぶ」であれば、最適な収納場所は、「リビング」
遊ぶ場所におもちゃがあれば、使うときにはすぐに取り出せるし、遊び終わったら、元あった場所に戻しやすい。
リビング内に、おもちゃの収納スペースを作ることができると、お子さんが自分でお片付けをしやすくなりますよ。

 

 

フライパンや鍋、どこにしまう?

今度は、ママが毎日使う家事の道具で考えてみましょう。

調理に使うフライパン、どうやって使いますか?
収納場所から出したら、コンロで加熱しますよね?
だから、フライパンの収納に適しているのは、「コンロのそば」。

では、お味噌汁を作るときの鍋は、どこが良いでしょう。
お味噌汁を作るときには、まず何をしますか?
鍋に水を入れてから、コンロで火にかけます。
だから、水を入れる場所、つまりシンクのそばが最適です。

似たような道具でも、使い方によって、収納場所が異なります。

しまい場所と使う場所がすぐそばなら、ほとんど動かずにモノを取り出すことができます。
家事効率がアップして、時短につながりますよ!

「使う」に注目して、「ここにあったら使いやすい!」と思える場所を見つけてみてください。
 

 

「収納」するその前に

以前の記事でご紹介した、片付けピラミッドを振り返ってみましょう。

「収納」の1段下は、「整理」
「整理」については、前回までの記事で、お伝えしてきました。
「整理」は、「収納するための準備」とも言えます。
「収納」は、「整理」を完了させて、「使うモノだけ」になっている状態で、行ってくださいね。

 

さて次回は、収納場所での使いやすいしまい方について、お伝えします。

 

 

 

投稿者プロフィール

こまともこ

埼玉県所沢市在住の整理収納アドバイザー2級認定講師・収育指導士。お片付けを「楽しく伝える」がモットーである収納王子コジマジックに師事。企業や自治体・小中学校PTAを中心に、掃除・片付け講座を開催。これまでの受講者数は延べ3000人以上。受講すると「早く帰って片付けたくなる!」と評判で、市民講座では満席を連発。元片付け苦手・今も面倒くさがり。小中学生の子ども3人を含む6人家族。

HP http://www.kurashiyasuku.jp/

毎日の中でキラリと輝くためのエッセンス
キラリズムby HighFiveMom

コラム更新中 こちらをクリック