ハーブライフ~素敵な空間とリラックスをお届け~ |  アレンジ自在♪ハーブの壁掛け

埼玉県川越市を拠点に、バーバリストとして活動しています白山美奈子と申します。
ハーブをより皆様の生活でリラックスや癒やしの一時として活用いただけるよう、毎月更新して参ります♪
どうぞ宜しくお願いいたします♪

 

ハーブの壁掛けとは?

皆さん、【ハーブの壁掛け】と聞いて思い当たるものは何ですか?

代表的なものは『クリスマスリース』ではないでしょうか。


最近は『スワッグ』(縦型に作るリース)も、人気がでてきました。

諸説ありますが、ハーブリースはもともと「冬の間枯れて使うことができないハーブを保存して、冬の間に料理などに使うためにキッチンに飾られた」といわれています。

また、スワッグは針葉樹を主に使うことから「永遠の命」を記され国によっては魔除けとして玄関先に飾られています。

 

 

ハーブの壁掛けの作り方

今日はハーブの壁掛け「スワッグ」の作り方を紹介します。

材料は「ローズマリー」と「クリスマスローズ」と「紐」の3つです♪
まず、ローズマリーを「大」「中」「小」と大きさを分けます。(クリスマスローズは④とします)

①と②をひし形になるように形を作り、①の上に②を重ねます。

③をひし形の形になるように、②の上に重ねます。

クリスマスローズを左右のどちらかに添えて、紐で結び完成です♪

壁に飾っても素敵です♪

クリスマスローズは食用ではありませんのでお召し上がりになれませんのでインテリアとしてお楽しみください。

また、ダイソーで売られている100円の「オリーブのリース」にも三角形になるようにローズマリーを飾り内側にクリスマスローズを飾るだけで素敵なリースにもなります♪


ポイントは、紐で結ぶ上部の葉を落として紐を結ぶとシッカリ結べて崩れにくく作れます♪

大きくなりすぎたローズマリーは、是非リースに活用してください♪
小八重(こばえ)よけにもなるのでキッチンやリビングに飾られることをオススメします♪

 

 

お部屋によって使い分けるハーブリースを

ハーブで作るリースは種類にによっていろいろな意味を持ちます。

例えば、ローズマリーは記憶をつかさどることから『忘れない』と表現され、リースの形に終わりがない事から(円の形)『永遠』という意味があり、ローズマリーだけで作ったリースは永遠に忘れない』という意味があります。

ハーブでは珍しく、目が覚めるような爽やかな香りのローズマリーは勉強時や朝方には有効ですが寝る前には目を覚ますためオススメできません。
寝室にはリラックス効果の高いラベンダーやレモンバームで作ったリースがオススメです♪
ストレスが多い人には「ミント」のリースが良いでしょう。リフレッシュすることができます♪

使い切れないハーブは季節のお花+1で素敵なインテリア作りができます。
使い切れないハーブは、ぜひリース作りで素敵な空間作りをお楽しみください♪

次回のコラムは「簡単ハーブ料理」の作り方を掲載します♪
ハーブ料理で体内からリフレッシュして、心も体も軽やかな新学期をお楽しみください♪

投稿者プロフィール

白山美奈子

ハーバリストとして自宅では120以上のハーブを育て活用「ハーブ講師」「ハーブ料理家」として活動しています
11歳の男の子と7歳の女の子のお母さんです
精神が辛い時にハーブと出会い元気になれたことから、資格を取得しハーブの素敵な世界観やハーブのリラックス法を講座やコラムを通してお伝えしています
一人でも多くの方にハーブを使用したリラックス法をお伝えする事が私の使命です

https://mother21.jimdo.com/

毎日の中でキラリと輝くためのエッセンス
キラリズムby HighFiveMom

コラム更新中 こちらをクリック