冬だから羊毛フェルトにチャレンジ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

寒くなりましたね。

コタツ派の我が家は、だんだん家族が
うごかなくなっていきます。

そんな時期のハンドメイドといえば、編み物!
ではないですか?

もこもこした物って
気持ちがほっこりしますね。
自分で作ってみるとさらに
ほっかほかですよ。

最近では、ティッシュボックスや
牛乳パックに切り込みを入れてリリアンの用に編む方法もあり、
小さなお子さんにもチャレンジしやすい
​ハンドメイドです。

とはいえ、ママが編み物をしない場合
子どもに質問された時に
​教える自信ない、、、、

というケースもあるのではないかな、、、、。

と思います。​

もっと簡単なニットといえば、、、

羊毛フェルトがあります。
作ったことのある方は
意外に少ないかもしれませんが、、、

最近では羊毛フェルトのキットが
100均で売られていますので

ハードルが低くなっています。

みなさんはやってみたこと、ありますか?

ニードルフェルト

以前は羊毛フェルトの針も手芸店でないと
手に入らないレアなものでしたが
これも100均で売っていますし、キットには
針も同装されています。
羊毛フェルトの針には返しがたくさんついていて
羊毛を抜き刺しすることで、羊毛が絡まっていき
堅くしまっていく仕組みです。

この針を使ったものはニードルフェルトといいますが
気を付けないといけないのは
針を中心に向かってしっかりと奥までまっすぐに刺しきること。

刺したあとに、針を動かすと
針が折れてしまうので注意してくださいね

また、下に台所用のスポンジを敷くと
便利です。

私が大量生産したフェルト小物は
20121129_132446
キノコ。

半球はあまり難しくないです。
キノコの軸と別々に作り、2つを合体。
合体部分は合わせるまではあまり針を刺さず
けばけばさせたまま。

合体するときにいろいろな方向から刺して
くっつけます。

模様も完全にキノコの丸みをつける前から

付けていって、一緒に固めて刺していくイメージです。

最終的にこれにヒモを付けて、バザーで販売した作品です。
20121205_233016

こういう形にするには、他のハンドメイドの基礎知識が
必要になりますが、、、、、(^_^;)

今年の春、次女と姪っ子がチャレンジしていたのは
100均のマスコットを作るキット。

1408360050989

小4女子たちのチャレンジ

20140818_211218
古ーいテーブルの上で撮ってしまったので
見栄えが悪いですが、形になりました。

そうそう、

完成形をイメージできない場合
非常に残念な形になるのも
ニードルフェルトの特徴なのでお気を付け下さい。

 

参考)
【画像まとめ】羊毛フェルトで作る犬や猫の出来栄えが笑える結果に(笑)

 

刺繍もできます

ちなみに、、、この時、下に敷いていたのは
メラミンスポンジだったんですが、

マスコット作りよりも
盛り上がったのは羊毛刺繍でした(^_^;)

1408371053703
余った羊毛をニードルで刺していくだけで
絵を描くように刺繍できてしまうんです。
不思議ですよね。

同様に布に刺すこともできるんですよ。

とはいっても、針そのものが心配

という方も多いのではないかと思います。

ニードル(針)を使わない羊毛フェルトがあるのは
ご存知ですか?

こちらの方が古くからある技法だと記憶していますが、、、、。

ウールのセーターを間違って
フツーの洗剤でごガラガラ洗った時の
残念な状態、、、、。

経験ありませんか?

小さくなって、編地がギュッと詰まってしまいますね。

あれが「フェルト化」です。

何気なく「うっかり」(笑)やっていたんですね~。

ワザとセーターなどをごしごし洗ってフェルト状にしてから、
それを加工する方もいらっしゃるんですよ。
お気に入りだったけれど小さくなった子どものセーターも
洗剤でごしごし洗えば、、、フェルト化して、はさみで切っても
ほつれない、「フェルト」の出来上がり!

*おしゃれ着用ではなく普通の洗濯洗剤や
台所用中性洗剤でOK
>柔軟剤成分が入っている洗剤は不向きです。
そして、お湯洗いがオススメ。

洗濯機に1着だけ入れると、生地が擦れあわないため
縮みにくいので、手でごしごしした方が
エコですよ。

これならば、いろいろなものに加工出来てしまうんです。
私はカーディガンをクッションカバーにしていました。
(もう古くて捨ててしまったので、画像がなくてごめんなさい)

 

小さなお子さんにもおススメ

また、羊毛フェルトボールも
台所用の洗剤とお湯で作れます。

必要な道具はそれだけ。
他に必要なもの、、、

<それは素手です。
(手荒れ防止のため手袋をしてくださいね)

羊毛フェルトを軽く丸め、石けん水(ぬるま湯)を付けながら
手のひらで丸めていきます。
お団子を丸めるイメージ。

少し圧力をかけながら、、、がポイント。

ちょっと割れてしまっても大丈夫。
そこに羊毛フェルトを薄くかぶせていって形を
整えてから、さらに、、、

 

コロコロコロコロ

 

石けん水を付けながらて丸めていくと、、、、

まんまるのフェルトボールが出来るんですよ!!

 

仕上げに石けん水を洗い流し、脱水してから
丸一日以上乾かしてくださいね。

 

参考)キナリノ

 

 

たくさん作って糸でつないでもいいですが
今つくるのでしたら、リースに接着剤で張り付けると
クリスマスリースになります。

 

一つずつヒモを付けて
ツリーの飾りにしてもかわいいですよ!
15-12-09-11-26-20-936_deco

これなら、ニードルフェルトを作るのが難しい
小さなお子さんも、おままごと感覚で
出来ると思います。

 

お団子作り、好きなお子さん多いですよね!

 

 

ぜひ、お子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね♪

投稿者プロフィール

山中玲見佳
山中玲見佳
3人の子育て中の経験や、お子さん対象のワークショップ開催経験をもとに、
ハンドメイドをお家で気軽に楽しむヒントをお伝えします。
レジン作家、講師。ハンドメイド・ラボDo♪ReMi主宰。

http://ameblo.jp/remika99
Share on FacebookTweet about this on Twitter