許認可が必要なお仕事【第3回 行政書士ママの知恵ナビ】

Share on FacebookTweet about this on Twitter

High Five Momの皆さん こんにちは♪

上尾の女性行政書士 諸井佳子(もろいけいこ)です。

 

今年の冬は暖冬ですね。凍えるような寒さの日々は、これからでしょうか。

乾燥する季節ですし、風邪やインフルエンザも流行ってきますので、体調管理は十分に気をつけたいものです。

 

「許認可」・・・とは?

今回は、いろいろな許認可について、お話ししたいと思います。

 

起業して事業を始めるときは、その事業内容によって、許認可と呼ばれる手続きが必要になってきます。手続きを怠ると罰金などが科せられたり、業務停止処分を受けることもありますので、十分注意が必要です。

 

開業時許認可が必要な業種は、飲食店・喫茶店・お弁当屋さん・クリーニング店・理容店・美容室・不動産業・建設業・古本屋・リサイクルショップ・酒屋・介護事業・一般労働者派遣事業・産廃業・運送業等々、ほかにもたくさんあります。

 

これはそれぞれの法律に基づくものであり、また所管官庁が異なることと、

業種によっては裏付け資料や、許可要件が厳しいため、途中で許可をとることをあきらめてしまう方も多くいらっしゃると聞いています。

 

いくつか例を挙げてみましょう。

 

■化粧品を作って販売したいとき

メイク

薬事法で、「化粧品」に該当するものを、日本国内に流通させたり製造するには、薬事法に基づく「化粧品製造販売業許可」や「化粧品製造業許可」を取得する必要があります。

 

薬事法でいう「化粧品」とは

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」(薬事法第2条第3項)となっています。

 

一般に化粧水や乳液、クリームなど化粧品と呼ばれるものだけでなく、「せっけん」「香水」「シャンプー」なども薬事法では「化粧品」に含まれます。

 

商品に配合されている成分が、化粧品として認められるものなのかは、厚生労働省のHP「化粧品基準」で確認することができます。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdfき、

基本的には一定の基準さえ守っていれば、自己責任の下、自由に成分を配合して商品化することが可能です。ただし、あくまで自己責任になりますので、十分注意が必要です。分析してくれる機関もありますので、チェックしてもらうことをお勧めします。

 

 

■パン屋さんを開業したいとき

※自治体によって異なりますので、必ず保健所にご相談下さい

coffi004 Fotolia_61158349_XS

一般的に、食パンやアンパン・メロンパンなどの菓子パンを作って販売するには、「菓子製造業許可」が必要になります。

 

ただし、サンドイッチや惣菜パンなどの調理パンを作って販売するときは、「飲食店営業許可」が必要になります。

 

店内にイートインスペースのあるベーカリーカフェも「飲食業営業許可」が必要です。

 

また、仕入れた食パンや菓子パンを販売するのであれば、特に許可は必要ありおません。ただし、サンドイッチを販売する場合は、「食品等販売業」を取得する必要があります。

 

お店を出すまでもなく、自宅でパンを作って販売するにも許可が必要ですので、ご注意ください。ご近所の方から保健所に連絡が入ったという例も聞いたことがあります。

 

 

■まつ毛エクステサロンを開業したいとき

face

まつ毛エクステンションは、美容所届出のある施設で、美容師免許を持った美容師でなければ、施術することは出来ません。

 

エクステンションは、美容師法の美容行為に当たりますので、所轄保健所への届出手続きが必要になり、施術は美容師免許のある美容師が行います。

 

無免許、無許可のサロンに対する苦情や摘発が多発しているようです。

 

 

 

以上のように、許認可や届け出の場合、「知りませんでした」では済まされませんので、何か事業を始めるときは、あらかじめきちんと調査をしてから始めましょう。

投稿者プロフィール

諸井佳子
諸井佳子
埼玉県上尾市の女性行政書士 諸井佳子です。 個人事業の始め方、法人(株式、一般社団、NPO)の設立や創業融資のこと、許認可申請について説明しています。また一度仕事を辞めた女性が、どのようして仕事に再チャレンジ していけばいいのか、メンタル部分も含めて自身の経験や思いを綴っています。 【ブログ】 http://ameblo.jp/yukinkokosumosu/
Share on FacebookTweet about this on Twitter